意外と簡単!子供の写真をきれいにまとめる方法

お手軽にポケットアルバムを利用

学校の遠足の写真など、どんどん増えていく写真ですが、きちんと片づけるのが難しいアイテムの1つです。プリント類と一緒にしていると、どこかにいってしまうので、アルバムを1冊用意しましょう。ポケットタイプと呼ばれるアルバムは、ポケットの中に写真を差し込むだけで整理ができます。通常のL版と呼ばれるサイズはもちろん、集合写真などで使われる大きめの2Lサイズのものも販売しているので、用途に合わせて選ぶことができます。

時系列順にアルバムに貼ってみる

現像してある写真をアルバムに貼るというと、シールなどでデコレーションしたりする、おしゃれなものを想像しますが、時系列順に貼っていくだけでも十分素敵なアルバムを作ることができます。集合写真には撮影した日時がプリントされているので、何年かたってからでも遡ってまとめることができます。運動会など、自宅で撮影した写真も一緒に貼っていくと、より思い出深い一冊になります。メモにその時に行った競技名などを書くのもいいアイデェアですが、最初から頑張り過ぎると続かなくなってしまうので、負担にならないレベルで継続しましょう。

スマートにフォトブックを利用する

写真は現像してアルバムに作るだけでなく、最近はデジカメやスマートフォンで撮影した画像データーから写真集のような自分だけのアルバムを印刷してくれるフォトブックというサービスがあります。デザインなども幅広く、写真を選ぶだけで、配置も全て自動で行ってくれる手軽なものから、自分で選んで作り込んでいくタイプまで様々です。サイズや印刷の仕方によって、数百円というお手頃価格のものから数千円の本格的なものまでバリエーションが豊富です。

スクールフォトは子供の想い出を彩る一枚を保存する目的があるため、撮影業者選びは慎重に行うことが大切です。特に屋外での撮影は機材や撮影技術が写真の仕上がりの良し悪しを左右するので注意します。